良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
寺泊野積 西生寺境内
弘智法印信者歌碑「いつまでもいきているとは」
新設:2017-10-01
弘智法印即身仏信者歌碑「いつまでもいきているとは」
撮影:2011-06-30

歌碑「いつまでも」

(左上)弘智堂(即身仏霊堂)
(左中)即身仏信者歌碑「いつまでも」
(右中)良寛詩板碑「題弘智法印像」


碑 面
 何日間で毛 生きて
    居る登ハ
      思宇奈与
木者乃び遊くや
  王連者消え行く


読 み
 いつまでも いきて
    いるとは
      おもうなよ
きはのびゆくや
  われはきえゆく


場 所
新潟県長岡市寺泊野積8996 (真言宗智山派)海雲山西生寺
建 碑
昭和40年代(1965~1974)
建碑者
弘智法印即身仏信者で 西生寺がある現新潟県長岡市寺泊野積居住者

補 足
西生寺から「この歌碑は 村に暮らす弘智法印即身仏のご信者さんが 弘智さまを詠んだもので その方が昭和40年代に建立した歌碑」との 情報提供を受けた
碑面の読みは 書家・石橋紫蕙氏から 古田香名女氏経由で 教示を頂いた
両者のご支援に感謝し御礼申し上げます

蛇 足
当歌碑は 良寛詩板碑「𥻘皴烏藤朽夜雨」題弘智法印像に比べると立派なもの しかも 弘智堂(即身仏霊堂)の前に建っているので 気になっていたもの

参 考