良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
諏訪本町(尼瀬1261)
碑「おけさ発祥之地」
新設:2017-05-01
碑「おけさ発祥之地」 善勝寺境内
撮影:2011-06-29

碑「おけさ発祥之地」

羽黒町にある碑名は
「おけさ源流の地碑」

良寛は「出雲崎おけさ」を踊ったかも

案内板
(碑右前方)
出雲崎おけさの起源

今から800年程前の平安時代の終りに 奥州藤原氏の重臣で 陸奥丸山領主佐藤庄司元治の子 継信 忠信兄弟は 源義経の忠臣として 平家討伐に活躍した 兄継信は屋島の合戦で義経の身代わりに 弟忠信は京都で源頼朝に追われた義経をかばい それぞれ戦死した

兄弟の母「音羽の前」は せめて戦場の跡を訪ねようと奥州を旅立った ようやく出雲崎にたどりついたが 先途の長旅を思い この地で尼僧となり 2人の菩提を弔ったという

今に伝わる「出雲崎のおけさ」は 「音羽の前」が 建久元年(1190)に 立派な最期を遂げた兄弟の詳報を聞き 嬉しさのあまり 尼僧たちと袈裟法衣のまま 唄い踊ったのが始まりで 「袈裟」が「けさ」 「おけさ」となり これが「おけさ」の起源であると伝えられている

場 所
新潟県三島郡出雲崎町尼瀬1261(諏訪本町)善勝寺境内下
参 考