良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
地蔵堂本町2-6-25辺り
大森子陽私塾・三峰館(狭川塾)跡
新設:2017-05-01
大森子陽私塾・三峰館(狭川塾)跡
撮影:2011-07-01ほか

右から2軒目(外壁濃緑色)建物が
塚田薬局
撮影:2011-07-01

説明は右「補足」欄に記載
撮影:2017-04-08


案 内
本町通りを地蔵堂願王閣に向かって 左に第四銀行がある交差点(地蔵堂本町)から やや願王閣寄り右側のところにある塚田薬局辺りに 三峰館(狭川塾)があったのではといわれている

案内板
良寬も学んだ 大森子陽の「三峰館」跡
大森子陽(元文3年 1738~寛政3年 1791)が明和7年から安永6年の間(1770~1777) この場所で学塾「三峰館」を開いて子弟を教育した
良寬(幼名栄蔵 元服して文孝)も13歳から18歳までの6年間 ここで勉学にいそしんだ
大森子陽は後に「北越4大儒」の1人と称えられた儒学者で この後 鶴岡(山形県)に移住した
<注>ルビは省略

補 足
左下写真の右から2軒目の建物が 塚田薬局であったが 2017年4月8日の再訪時には 外壁の色が変わり1階は工事中らしかった
上欄に紹介した「案内板」は 右から1軒目と2軒目の間にある街灯ポールに 良寛句「たくほどは」と共に掲げられていた

場 所
新潟県燕市地蔵堂本町2-6-25 塚田薬局辺り
参 考
立花和平・齋藤達也著「良寛との旅〔探訪ガイド〕」P117 考古堂書店刊

蛇 足
良寬が学んだ三峰館(狭川塾)の通説による位置(跡)は 下宿先の中村家とは極めて近い
根拠は全くないが 狭川塾(三峰館)は 西川(狭川)に架かる「狭橋」界隈にあったのではとの思いを巡らせたくなる