良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
東裏館1-6-5 宝塔院
地震亡霊塔
新設:2017-05-01
地震亡霊塔
撮影:2011-05-21

地震亡霊塔
一番手前に設置の黒御影の碑は
良寛書簡碑「地震見舞」

案内板「地震亡霊塔」

案内板
三条市史跡指定
 地震亡霊塔

文政11年(1828)11月12日午前8時ころに起きた三条地震は マグニチュード6.9の直下型地震でした

震源は栄町芹山付近とされています 信濃川に沿った南北25キロメートルの地域では 震度6以上の激震で 被害は越後11藩に及びました

震源に近い三条では 六斎市(ろくさいいち)でにぎわい 朝の煮炊きのさなかの大震災でした 倒れた街並みの13か所からいっせいに火の手が上がり 町は大混乱となりました

現在の三条市域の被害は 全半壊 3,160余軒 焼失 900余軒 死傷者 1,040人に上りました

この地震の亡霊塔は 宝塔院の11世隆観和尚らが願主となって 無縁の被災者を葬り 供養するため 地震の翌年に建立された五輪塔です

                    三条市教育委員会

場 所
新潟県三条市東裏館1-6-5 (真言宗智山派)多宝山宝塔院境内
建 碑
文政12年(1829)8月 
建碑者
宝塔院第11世隆観和尚ら
参 考