良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
島崎 隆泉寺境内
良寛禅師銅像
新設:2017-05-01
良寛禅師銅像
撮影:2011-05-20

良寛禅師銅像

良寛像脇碑「良寛禅師銅像建立記」


脇碑面
良寛禅師銅像建立記
    島崎 桑原仁右衛門撰
    新潟 渡辺秀英書
良寛禅師 この地に遷化せられてより 132年 追慕の念 年をおうて深し
み墓は境内に存して その霊前にぬかづけども み姿は世に留まらずして
面影をしのぶに由なし 村民ここに銅像の建立をはかる
衆人これに随喜して 寄捨は全国に及ぶ 尊像 われらに向ってより立つが如く 温雅高逸その風神を伝ふ
  君に対すれども 君 語らず
  語らざれども 意 悠なる哉
昭和38年11月6日
                 良寛禅師銅像建立奉賛会

場 所
新潟県長岡市島崎4709 (浄土真宗本願寺派)隆泉寺
像制作
滝川美一
撰 文
桑原仁右衛門
筆 者
渡辺秀英
刻 者
亀倉蒲舟
建 立
昭和38年(1963)11月6日
建立者
良寛禅師銅像建立奉賛会(全国各地からの浄財) 
参 考
「いしぶみ良寛」正-47-172_175
補 足
渡辺秀英著「いしぶみ良寛 正編」では 良寛像制作に当たって 「法弟遍澄のかいた良寬托鉢図を参考にされたとも聞いている」と記しているが 上桐の小黒家では小黒赳郎(おぐろたけしろう)(1884-1975)がモデルになったと伝えている