良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
長川寺境内
縁起・山門・本堂
新設:2017-05-01
縁起・山門・本堂
撮影:2014-05-18
山門への参道
山門 (奥に本堂)
本堂
所在地
浅口市鴨方町鴨方387
山号寺名
清瀧山 長川寺
宗派
曹洞宗
本尊
釈迦如来
開創
1300年代 
開基
近江守西山宗久
再開創
応永14年(1407)
再開基
備中守護細川満国
開山
  
英巌章傑禅師
応永19年(1412)
電話
0865-44-2405

  
長川寺標柱 (境内は広い)
【備中良寛さん こころの寺 第5番】

長川寺は JR鴨方駅の北方約2㎞にある

長川寺は 源三位頼政の裔 金光占見西山城主 近江守西山源五郎宗久「正眼院殿華庭公大居士 正中2年(1325)歿」を開基とする古刹である 禅門の修行道場としての偉容を整えたのは応永19年(1412)英巌章傑禅師を開山と拝請してからである

備中守護細川満国が 初代鴨山城主として君臨したのが応永14年であることから推論すれば 武家の禅門帰依の時代風潮の中にあって 過去百年余りの宗旨を改め 禅門寺院として再開山したものと考えられる 以後 鴨山城主細川公の菩提寺として興隆・変遷の歴史を綴る

因みに 長川寺什物の中に「円通寺開山徳翁良高禅師書」の「当山開山英巌章傑禅師木像安座法語」と称する軸物が存在する この事実は 今昔を問わず 寺門交流の因縁の深さを如実に物語る証ともいえよう

いわば 寺門の年分行事等について 師僧 弟子共々 相互に随喜荷担することが 通常的慣習であったとも想像できる 加えて それらのことは 円通寺10世大忍国仙和尚の会下にあっても 継承し続けられていたと推測される

同時に そこに若き日の修行僧「良寛」の姿とて 当山15世徹岩観底和尚の眼前に見受けられはしなかったか

これらは 「良寛研究」をライフワークとして 一途の生涯を貫いた当山30世規道彰準和尚の憶測ならぬ持論でもあった

そこで その前任の遺徳顕彰の意図を含めて 「良寛文庫」なるものをささやかに設置し 「良寛の心」を糧に更なる生甲斐を求めようとする地域の人達に 研修の場として門戸を開いている

以上 岡山県良寛会著「良寛修行と円通寺」より引用させていただいた