良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
玉島中央町・周辺 1
西爽亭(柚木邸)
新設:2017-05-01
西爽亭(柚木邸)
撮影:2014-05-17
西爽亭(柚木邸)
西爽亭(柚木邸)
西爽亭(柚木邸)前の案内板

西爽亭の住所:倉敷市玉島3-8-25
倉敷市サイト:旧柚木家住宅(西爽亭)

<右上写真の案内板「西爽亭(さいそうてい)(柚木邸)」に 次のとおり記されている>

本邸は 天明年間(1781~1789年)の建築といわれ 柚木本家 または菅茶山(儒者1748~1827年)の命名により西爽亭とも称する

柚木家は代々備中松山藩(現高梁市内)藩主板倉候に藩の諸役として仕え 藩侯が玉島領内を巡回の際 本邸に宿泊するのが習わしだった

従って 本邸は大名の宿泊施設にふさわしい風格を持った構えと造りと装飾がなされ また庭園の石組みにも由緒があり 格別の趣がある

幕末動乱期の慶応4年(1868年)鳥羽伏見の戦いにおいて幕府方は敗戦し 大阪城にて老中板倉候護衛の任にあった藩老熊田恰矩芳(1825~1868)は 藩侯の命により帰藩しようと隊士(150余名)を率いて海路玉島港に上陸するが 備前藩軍兵によって包囲される

熊田恰は藩の責任を一身に背負い 部下の助命と藩の安泰 戦火の回避を嘆願して 慶応4年1月22日 本邸にて切腹 これにより玉島は戦火の災から救われた

本邸は玉島人にとって忘れ難い維新史の悲壮な一頁をそのまま遺している

      平成2年11月      玉島文化協会