良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
尼瀬6-57
良寛像「子供の頃の良寛さん(栄蔵)
新設:2017-05-01
良寛像「子供の頃の良寛さん(栄蔵)」
撮影:2011-05-17

写真1

写真2

写真3

案 内
上掲写真は 道の駅「越後出雲崎天領の里(出雲崎町尼瀬6-57)」日本海夕日公園「イベント広場」東端(時代館の西脇)に設置された「子供の頃の良寛さん(栄蔵)」という 次の逸話をイメージした 幼い頃の良寛像です

逸 話
8~9 才の頃 しかられると 上目で人の顔をじっと見る癖があった ある日 遅く起きて父親にしかられ いつものように上目でじっと見た 日頃気にしていた父親は 「親をにらむやつは鰈(かれい)になるぞ」といった

幼い頃の良寛すなわち栄蔵の姿は 家から見えなくなった 日が暮れても帰らないので家族は心配し 心当たりを探したが見つからない もしかしたら海岸ではあるまいかと母親が行って見ると 栄蔵は海岸近くの岩の上に しょんぼりとしゃがみ込んでいた

ほっと安心した母親が じっと海を見つめている栄蔵に 「こんな所で何をしているのだね」と声をかけると 栄蔵は「おれはまだ鰈になっていないかえ」と言った
     (以上 谷川敏朗著「良寛の生涯と逸話」より引用)

場 所
新潟県三島郡出雲崎町尼瀬6-57
越後出雲崎天領の里 日本海夕日公園「イベント広場」