良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
弥彦村 法圓寺境内
良寛歌碑「よのなかは なににたとへむ いやひこの」
新設:2017-05-01
良寛歌碑「よのなかは なににたとへむ いやひこの」
撮影:2011-05-21

右碑が良寛歌碑
「よのなかは なににたとへむ いやひこの」

右端が良寛歌碑「よのなかは」
中央碑は左右碑の脇碑として
読みを楷書で刻んで
右碑と同時に建てられた

参道入口に平成15年に建った碑

碑 面
餘能那閑者 奈尓耳当東へ牟 以や悲こ尓
  堂由多布久裳能 風能ま尓ま尓

読 み
(脇碑)
よのなかは なににたとへむ いやひこの
  たゆたふゆきの 風のまに\/
            
(世の中は 何にたとへむ 伊夜比古に たゆたふ雲の 風のまにまに)

場 所
新潟県弥彦村矢作1960 (真宗仏光寺派)湖山法圓寺境内
 山門を入って本堂に向かい 右側の前庭にある

筆 者
良寛集字
建 碑
平成10年(1998)9月
建碑者
弥彦良寛会(創立記念)
願 主
法圓寺20世 梨本哲雄
集 字
渡辺秀英
石 匠
倉田六治
参 考
「定本良寛全集」*2-0921
蛇 足
本堂左手に弥彦神社大鳥居の偉容が見える