良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
上諏訪11-2
良寛歌碑「よのなかをうしともへばか」
新設:2017-05-01
良寛歌碑「よのなかをうしともへばか」
撮影:2011-05-19

良寛歌碑
「よのなかをうしともへばか」

碑陰

諏訪神社


碑 面
餘能奈可遠 有之登毛部者可 報東ゝ起春
許(能未)可久礼尓 奈幾和堂留奈理

碑 陰
よのなかを うしともへばか ほととぎす
    こがくれになきわたるない
          きよしかく

<印刷された[歌の説明]プレートが次のとおり貼られている>
商店街活性化事業に基づく建立
【歌の説明】
この世の中をつらいと思うからであろうか
ほととぎすは木々の間にかくれるようにして
鳴いて飛んでいることだ

読み・通釈
世の中を 憂(う)しと思(も)へばか ほととぎす
木(こ)の間(ま)がくれに 鳴き渡るなり

この世の中をつらいと思うからであろうか、ほととぎすは木々の間に
隠れるようにして鳴いて飛んでいることだ。

補 足
<歌碑の左脇に 次のことを記した立看が設置されていた>
商店街活性化(良寛歌碑)設置誘客事業は「活力ある地域づくり支援事業」の推進のために 宝くじの助成を受けて実施するものです

場 所
新潟県燕市上諏訪11-2 諏訪神社境内
筆 者
良寛
建 碑
平成12年(2000)~平成14年(2002)
建碑者
分水商工会
「水の文化と良寛の里」にちなみ 商店街活性化事業に基づく建立

参 考