良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
真木山 原田鵲斎旧居跡
原田鵲斎旧居跡と良寛詩「自従一破家散宅」暮投思思亭
新設:2017-05-01
原田鵲斎旧居跡と良寛詩「自従一破家散宅」暮投思思亭
撮影:2013-05-15

標柱「原田鵲斎旧居跡」と案内板

上掲写真の右横道路からは
この写真のとおり
中央奥に良寛歌碑が見える


案内板
原田鵲斎旧宅跡

宝暦13年(1763)生 文政10年(1827)没65歳

鵲斎は 真木山村の庄屋原田仁左衛門の3男で 天明5年(1785)23歳でこの地に分家 医者を開業した

文化14年(1817)一家5人で中島村に移るまでの20余年間 良寛・良寛の弟由之(よしゆき)をはじめ大村光枝・亀田鵬齋等の文人を迎えて詩歌を詠みあっていた

鵲斎の旧宅は この横の路を入ったところにあった
(現在 良寛の歌碑がある)

   暮れて思々亭に投ず(漢詩読み)
  一たび破家散宅してより
  南去北来旦(しばら)く年を過す
  蕭々たる暮雨孤村の道
  也是れ青筇(きょう)(青竹の枝)君を訪ねて来る
                      良寛

補 足
<本漢詩の白文は次のとおり>
 暮投思思亭
自従一破家散宅
南去北来且過年
蕭蕭暮雨孤村道
也是青筇訪君来
「思思亭」は真木山の原田鵲斎の亭の名

場 所
新潟県燕市真木山 原田鵲斎旧居跡
 表道路真向いに次の大きな建物がある
 「平成19年度新潟県農林水産業総合振興事業
  (農)川西真新ファーム米乾燥調整施設」

参 考
「定本良寛全集」*1-109一番近い詩 *1-261 *1-358