良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
国上 本覚院境内
良寛歌碑「やまぶきのはなをたをりて」
新設:2017-05-01
良寛歌碑「やまぶきのはなをたをりて」
撮影:2013-05-15

良寛歌碑「やまぶきのはなをたをりて」
の写真と入替予定


碑 面
 本覚院につどひて詠める  良寛
やまぶきの花をたおりておもふどし
かかす春日はくれずともかな

碑 陰
良寛さまは その昔当寺にも仮住されました このたび国上山西参道の改修を機に 良寛碑の建立を企画し 阿部修一郎氏の厚意で重要文化財の良寛真蹟を用い 当寺ゆかりの歌を刻しました 良寛さまの偉大な遺徳をしのび 永く景仰の誠をささげましょう
 昭和61年8月22日
 本覚院良寛歌碑建立奉賛会
  発 願 本覚院第17世 渋谷啓阿
  会代表 分水町 玉木行蔵
  碑 稿 新潟市 渡辺秀英
  施 工 分水町 本田厚志

場 所
新潟県燕市国上1547 (真言宗豊山派) 国上山本覚院境内 駐車場脇
筆 者
良寛
建 碑
昭和61年(1986)8月22日
建碑者
本覚院良寛歌碑建立奉賛会
参 考
「定本良寛全集」*2-0096 第4句2字目「か」が「ざ」となっている
「いしぶみ良寛」続-17-P038_039