良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
柏崎市常盤台 洞雲寺境内
貞心尼墓碑・辞世の歌
新設:2017-05-01
貞心尼墓碑・辞世の歌
撮影:2011-06-28
 
貞心尼墓碑


良寛・貞心尼唱和の歌碑「恋学門妨」の右にある 墓域への門から案内標識に従って進むとある

<墓碑銘は右から>

 くるに似て かへるににたり おきつ波
   立居は風の 吹くにまかせて
 孝室貞心比丘尼墳
   乾堂孝順比丘尼
   謙外智譲比丘尼

<注>
良寛禅師の病気看病の際 貞心尼が「くるに似てかえるに似たりおきつ波」と歌いかけたところ 良寛禅師が「あきらかりけり君がことのは」と下の句をつけた
貞心尼は この下の句を「立居は風の吹くにまかせて」と置きかえて辞世としたもの

場 所
柏崎市常盤台5-1 洞雲寺
建 立
明治5年(1872)
建立者
墓碑銘左に刻まれた貞心尼の弟子尼僧2名

参 考
「いしぶみ良寛」正-73-256_259