良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
東裏館1-6-5 宝塔院
良寛ゆかりの宝塔院
新設:2017-05-01
良寛ゆかりの宝塔院
撮影:2011-05-21

宝塔院 本堂

案内板「良寛ゆかりの宝塔院」



案内板
 良寛ゆかりの宝塔院
                  東裏館1-6-5 宝塔院境内

良寛さまは 真言宗宝塔院の住職 隆全(1758~1835)を訪ねて 時には寺に数ヵ月も滞在されました

「禅定窟 良寛書 三条宝塔院」と書かれた横三文字の遺墨が市内に現存しています 宝塔院は 良寛さまの修行の道場でもあったようです

文政11年(1828)11月の三条地震の折 隆全や三浦屋幸助の安否を気遣われたものなど 隆全に宛てた良寛さまの手紙が四通残っています

隆全が一冊に書きまとめた「良寛法師歌集」には 良寛さまの歌127首が収められ 分水町牧ヶ花の解良家に保存されています 

 平成2年3月24日
       三条市地域住宅計画(ホーフ計画)運営協議会

 
場 所
新潟県三条市東裏館1-6-5 (真言宗智山派)多宝山宝塔院境内
参 考