良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
照明寺境内
良寛歌碑「えにしあらばまたもすみなむ」
新設:2017-05-01
良寛歌碑「えにしあらばまたもすみなむ」
撮影:2011-05-18

良寛歌碑
上碑「おほとののはやしのもとに」
下碑「えにしあらばまたもすみなむ」
密蔵院前庭右手奥にある

良寛歌碑
下碑「えにしあらばまたもすみなむ」


碑 面
 て羅東萬利遠
 い川る東起
い耳之安良者萬多毛
数み奈無於保と能々裳
理能志堂以保以堂久安
羅春奈
      良寛

読 み
 寺泊を
 出づる時
緑あらば またも
住みなむ 大殿の
森の下庵 いたく
荒らすな
      良寛

<注>
良寛密蔵院仮住晩年の作
「大殿」は照明寺境内の観音堂をさし 良寛が仮住した密蔵院の近くにあった

場 所
新潟県長岡市寺泊片町2408 (真言宗智山派)如意山照明寺境内
筆 者
良寛
建 碑
昭和59年(1984)7月15日
建碑者
寺泊良寛会
石 工
鈴木喜久司
参 考