良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
島崎 歴史民俗資料館
良寛歌碑「かたみとてなにかのこさむ」
新設:2017-05-01
良寛歌碑「かたみとてなにかのこさむ」
撮影:2011-05-20

良寛歌碑「形見とて何かのこさむ」

碑 面
形見とて 何かのこさむ 春は花
 夏ほととぎす 秋はもみぢ葉

補 足
この碑を探すのに苦労した
このゾーンで働いている人でも知らない人ばかり 目立たない碑であり 文字も読みにくい 歌碑ではないと思ってしまう方があるかも

辞世の歌だとして扱われることがあるようだが 良寛と相性がよかった与板の山田家の「およし」が 良寛に頼んで 同類の歌を貰ったといわれる

また 道元の歌に 次のものがある
 春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて すずしかりけり

場 所
新潟県長岡市島崎5551 和らぎの家(物産館)左(東)側前   
筆 者
玉木哲郎(三条市)
建 碑
平成3年(1991)
建碑者
和島村
参 考
「定本良寛全集」*2-1463
「いしぶみ良寛」続-33-070_071