良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
東与板 良寛詩歌碑公園
12 良寛歌碑「さきくてよ」
新設:2017-05-01
12E 良寛歌碑「さきくてよ」弟由之への歌
撮影:2011-06-30

良寛歌碑「さきくてよ」

本碑案内板(拡大)


碑 面
散幾久転餘 志報能理左可(遠)己江天 己無
幾々能 古数弊尓 波奈(左)久者留波
               良寛書

碑 陰
平成十一年七月
矢久保徳司

案内板
弟由之への歌 
  
散幾久転餘(さきくてよ) 志報能理左可(しほのりさか)(()) 己江天(こえて)己無(こむ)
幾々能(きぎの) 古数弊尓(こずへに) 波奈(はな)(())久者留波(くころは)
               良寛書

さきくてよ 塩法坂を 越えて来む
木々の梢に 花咲く春は

島崎の兄良寛が 与板の弟由之を訪ね
今年の別れを告げる歌であったろうか

 平成11年7月
           矢久保徳司

場 所
新潟県長岡市与板町東与板 いしぶみの里・良寛詩歌碑公園
筆 者
良寛
建 碑
平成11年(1999)7月
建碑者
矢久保徳司
参 考
「定本良寛全集」2-0337 2-1433