良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
東与板 良寛詩歌碑公園
02 良寛貞心尼唱和歌碑「いつこへも・やまからす」
新設:2017-05-01
02E 良寛貞心尼唱和歌碑「いつこへも・やまからす」「からす」の仇名
撮影:2011-06-30

良寛貞心尼唱和歌碑
「いつこへも・やまからす」

本碑案内板(拡大)


碑 面
   幾美ハ以呂久呂久衣毛久呂介禮ハ
   今與利加良寸止己楚末遠左女止
   言(ひ)遣禮者遣仁與久我爾波不左比
   太類名爾己曾止打(ち)王良比給比奈可良
以川己部毛堂知轉乎由可無安春與里者
閑良數天不名遠悲東能都久禮者
   止乃多末比遣禮者   貞
也末可良春散登爾以由可者子可良春毛
以散奈悲轉由遣者禰餘者久東母

読み1
   きみはいろくろく衣もくろけれは
   今よりからすとこそまをさめと
   言(ひ)けれはけによく我にはふさひ
   たる名にこそと打(ち)わらひ給ひながら
いつこへもたちてをゆかむあすよりは
からすてふなをひとのつくれば
   とのたまひけれは   貞
やまからすさとにいゆかはこからすも
いさなひてゆけはねよはくとも

読み2
   君は色黒く衣も黒ければ
   「今より烏とこそ申さめ」と言ひければ
   「実によく我には相応ひたる名にこそ」と
   打ち笑ひ給ひながら
何処へも 立ちてを行かむ 明日よりは
烏てふ名を 人のつくれば
   と宣ひれば      貞
山がらす 里にい行かば 子がらすも
誘ひて行け 羽弱くとも

案内板
「からす」の仇名 
  貞心尼「蓮の露」より

ある時与板の里へわたらせ給ふとて 友どちのもとより知らせたりければ 急ぎまうでけるに 明日ははや異方(ことかた)へわたり給ふよし 人々なごりをしみて 物語り聞えかはしつ 打とけて遊びけるが中に (以下碑文)

君は色黒く衣も黒ければ
今よりからすとこそ申さめと
言ければ実(げ)によく我にはふさひ
たる名にこそと 打笑ひ給ひながら

いづこへもたちてをゆかむあすよりは
からすてふ名をひとのつくれば
    とのたまひければ   貞
やまがらすさとにいゆかば子がらすも
いざなひてゆけはねよはくとも
        (以下2首別碑)
 平成4年3月
              長岡市

場 所
新潟県長岡市与板町東与板 いしぶみの里・良寛詩歌碑公園
筆 者
貞心尼(蓮の露)
建 碑
平成4年(1992)3月
建碑者
与板町
参 考
「定本良寛全集」2-0510 2-(21)
「いしぶみ良寛」続-44-092_093
「良寛・貞心尼の仮名を読む」174_175