良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
与板448 蓮正寺境内
良寛遺墨墓碑「自然」
新設:2017-05-01
良寛遺墨墓碑「自然」
撮影:2011-05-20

良寛遺墨墓碑「自然」

良寛遺墨墓碑「自然」

蓮正寺入口


碑 面
自然

補 足
「自然」のヨミは「じねん」

蓮正寺の寺中である常念寺住職の墓碑に刻されている
渡辺秀英書「いしぶみ良寛 正編(復刻版)」に次のとおり記載されている

親鸞88歳御筆の「()(ねん)(ほう)()(しょう)」によるものであろう
「自然といふは もとより しからしむるといふことばなり 弥陀仏の御誓のもとより 行者のはからひにあらずして 南無阿弥陀仏と頼ませ給ひて 迎へんとはからはせ給ひたるによりて 行者の善からんとも悪しからんとも思はぬを 自然とは申すぞと聞きてさぶらふ つねに自然をさたせば 義なきを義とすといふことは なほ義のあるべし」と説いている

案内板
良寛の「淡交斉」「瓢箪」
良寛関係の掛軸・風呂前屏風

 与板町指定文化財第16号

良寛の書を板に刻した「淡交斉」の文字は美しく 言葉の意味によく心情が表われている

瓢箪に良寛が歌を書いたのは珍しく「()()()()()()()()()()寿()()し」と詠んだのも良寛らしい

掛軸および屏風には 良寛の漢詩 秋夜聞笛・晩行・𢭏衣・登高観眺・題山水図・秋日遊山声や和歌が詠まれている

また 与板の割元新木家から出られた父・以南の歌 晩年与板に仮住いした弟・由之の歌なども貼られている

当寺に良寛はよく訪れた 寺のお墓にある「(ほう)()」(蓮正寺)と「自然」(常念寺)は、良寛の書である
                     与板町教育委員会

補 足
蓮正寺・常念寺と良寛の関係が深いのは 良寛の父の妹「スヨ」が蓮正寺の9代住職真教に嫁いだことからだという

場 所
新潟県長岡市与板町与板448 
 (浄土真宗本願寺派)長沼山蓮正寺境内 常念寺
筆 者
良寛
建 碑
文化文政の頃
建碑者
常念寺
参 考
「いしぶみ良寛」正-51-184_185