良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
長岡市 福島町
貞心尼歌碑「さめぬれば」
新設:2017-05-01
貞心尼歌碑「さめぬれば」
撮影:2011-05-21

貞心尼歌碑「さめぬれば」


碑 面
散めぬ礼者や見毛悲可利母奈閑利遣里
 ゆ面路乎て良数阿利安遣能都き

 <注>貞心尼筆の草書体を楷書活字体とし ルビを付けいる
    ルビと仮名部分で 次のとおり表示する

  さめぬればやみもひかりもなかりけり
    ゆめじをてらすありあけのつき
               貞心尼

補 足
貞心尼著「蓮の露」収載の良寛・貞心尼唱和歌 良寛の返し歌は次のとおり

安女可志堂爾み川留太末與理己閑祢與里
  者留能者之女乃幾み可於東川禮
あめかしたに みつるたまより こかねより
  はるのはしめの きみかおとつれ
天の下に 満つる玉より 黄金より
  春の初めの 君が音信

場 所
新潟県長岡市福島町503近傍 北長岡駅から徒歩で1時間弱
標石「貞心尼草庵」から貞心尼草庵までの参道に建碑されたいる

建 碑
1966年11月
建碑者
貞心尼思慕会
参 考
「定本良寛全集」2-(12)
梅津昇編集「良寛・貞心尼の仮名を読む」