良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
角田浜 長谷川家前
良寛歌碑「このまより」
新設:2017-05-01
良寛歌碑「このまより」
撮影:2012-05-16

良寛歌碑「このまより」

標柱「巻町文化財 良寛書 長谷川家法名」
右側面に碑面の歌が記されている

碑陰(台石)


碑 面
このまよりかくだのおきを
みわたせばあまのたくひの
おきになみゝゆ  良寛書

読 み
木の間より 角田の沖を 
見渡せば 海女の焚く火の
沖に波見ゆ

碑 陰
碑之由来
良寛禅師は 乙子神社より文政の頃 角田へ托鉢にこられ
長谷川家に宿し 先祖及二代夫婦の法号を書残した
昭和四十二年三月三十日 巻町文化財に指定された
法号は 良寛禅師の足跡と歌と共に 此の角田に永遠に残す
 昭和六十二年五月十日
  建立 九代目 次郎
  石工 小川昇栄
  台石 角田砕石より

場 所
新潟県西蒲区角田浜1005-11 長谷川家前
   バス停「角田妙光寺入口」から妙光寺(角田浜1056)に
   向かう参道(国道402号より山側の道)の中間辺り左

筆 者
良寛
建 碑
昭和62年(1987)5月10日
建碑者
長谷川次郎
参 考
「定本良寛全集」2-0386
「いしぶみ良寛」続-10-022_023