良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
横越東町1-15-13
宗賢寺(良寛心の師・大而宗龍ゆかり)
新設:2017-05-01
宗賢寺(良寛心の師・大而宗龍ゆかり)
撮影:2012-05-14

宗賢寺

山門


案 内
西来派(徳翁良高)法系略図…(宗龍と良寛の関係のみ)

 道元……月舟宗胡 ― 徳翁良高 ― 黙子素淵 ― 悦巌素忻 ― 大而宗龍
               |
                 高外全国 ― 大忍国仙 ― 良寛

案内板
指定文化財 宗賢寺歴代住職頂像(ちんぞう)

龍淵山宗賢寺は 文明13年(1481)に真言宗寺院として創建されたと伝わるが 慶長6年(1601) 新発田藩横越組初代大庄屋阿部太兵衛により 曹洞宗寺院として再興され 開山として北蒲原郡安田町草水(くそうず)の観音寺11世(しょう)(ざん)全悦(ぜんえつ)を迎えた

文化財として指定されている歴代住職(開山から25世までの17人)の頂像画(肖像画)は 全19幅(絹本8幅、紙本11幅)である このうち2幅は人物を特定できないが 18幅に(さん)が書かれている

最も古いものは 元文4年(1739)の年紀が入った笑山全悦の頂像画である 賛は江戸時代中期の高僧で紫雲寺観音院開山でもあった(もく)()()(えん)の筆により 画は同時代の新潟出身の著名な画家五十嵐(しゅん)(めい)によって描かれている

なお 当寺10世(だい)()(そう)(りゅう)は その後 紫雲寺観音院3世となり 若き日の良寛を教え導いたとも伝わる

平成16年3月31日   横越町教育委員会
平成17年3月21日合併 新潟市教育委員会

場 所
新潟市江南区横越東町1-15-13 (曹洞宗)龍渕山宗賢寺