良寛長歌「月の兎」に因みウサギの右向き画像
ロゴ 良寛さまのゆかり
良寛長歌「月の兎」に因みウサギの左向き画像
新崎 太古山日長堂
碑「良寛上人伝」
新設:2017-05-01
碑「良寛上人伝」
撮影:2012-05-15

太古山日長堂の庭園への門

太古山日長堂は塀の向こう側に

県道3号から太古山日長堂への導入路


碑 面
良寛上人傳
良寛上人山本氏越後出雲崎之人・・・・・

案 内
訪問時 「太古山日長堂」は閉ざされた状態にあって 内部に入って見学することができなかった(公開されていない状態であった)

太古山日長堂の碑「良寛上人伝」は
弥彦村の宝光院にある「大愚良寛上人之碑」と ほぼ同じ時期に建てられた碑であるという


渡辺秀英著「いしぶみ良寛」に載せられた拓本(写)によると
碑文は 小林敬甫による長い漢文で記され 末尾は次のとおり刻まれている

明治二十八年九月
遂齋小林敬甫撰 梧竹中林隆經書 誠庵古山静立 井龜泉刻 

場 所
新潟市北区新崎2-4-57 太古山日長堂 庭上
撰 文
小林敬甫(遂齋)
筆 者
中林梧竹
刻 者
井龜泉
建 碑
明治28年(1895)9月
建碑者
古山文静
参 考
「いしぶみ良寛」正-03-014_019